雑学衝撃動画

【動画】妻を「お金で買う」ことができる12の国

投稿日:2018年10月12日

妻を「お金で買う」ことができる12の国

【動画】妻を「お金で買う」ことができる12の国

インターネットの台頭により、世界は縮小を続けています。何百万、いやそれ以上の人々と直接つながることができ、オンラインでのデートサービスやSNSは、日に日に拡大。ソウルメイト探しは、今までにないほど簡単に。それでもまだ運命の相手と出会うことができない。もちろん、そんなこともあるでしょう。ただ、実は、この世の中には、お金で妻を手にすることのできる国が存在します。もちろん、妻をお金で…という発想は到底、この世界では、普通の習慣としては受け入れられていません。しかし、現に、こうしている今にでも、世界のどこかで、何千人という男性が、結婚相手をお金で買っているのです。お金で妻を娶る(めとる)という行為が今でも行われている。そんな12の国をご紹介します。

12. ベトナム – 信じられないことかもしれませんが、毎年、何千人という美しきベトナム人女性が、メールオーダーブライドとして、売られており、このビジネスは成長の一途を辿ります。どうやら、ベトナム人女性は、西洋の男性に非常に人気がある様子。この傾向は、ベトナム戦争の際に米軍が、彼女たちの清楚な雰囲気と美貌を目の当たりにして以来、顕著になっています。

11. 日本 – アジアのどこかの国から将来の妻を探し出したい。そんな場合には、日本も当然、選択肢の一つになることでしょう。ここにも、メールオーダーブライドのビジネスは存在します。日本の文化は世界的にも人気が高く、日本人女性を好む男性は世界中にいると言っても、過言ではないでしょう。

10. ウクライナ – ここ数年、ウクライナは政治的、そして経済的に、過酷な時を過ごしてきました。しかし、メールオーダーブライドビジネスは、一切の翳りを見せていません。それどころか、オデッサとはじめとするウクライナ各都市は、むしろ、このビジネスにより、経済成長を遂げているほど。西洋からは、オンラインで女性と知り合った、たくさんの男性が、ここウクライナを訪れます。

9. インド – 数多くの国で、歴史的に、許婚(いいなずけ)のような、当人とは別の人が決定する結婚が行われてきました。そして、インドでは、今だに、この慣習が守られています。お互いを好まない二人による結婚の例は多数あるものの、85%のインド人が家族により選ばれた相手との結婚を好んでいるとのこと。

8. コロンビア – ここでの妻探しは、以前は、簡単に行えるものではありませんでした。1980年代には、ドラッグカルテル、そして、共産主義の暴動により、あまりにもリスクが高かったのです。しかし今では、状況が落ち着き、コロンビアの美女たちが、理想の旦那さんを探すために、活動を始めています。

7. フィリピン – フィリピン国内での雇用率が低いことから、メールオーダーブライドに登録する女性は、海外での働き口を探している可能性があります。フィリピン女性は非常に美しく、日本人男性に好印象を抱く傾向にあります。そのような意味で、この国であれば、ある程度平均的な見た目であっても、スターかのような扱いをされたり、羨望の眼差しを受けることもあるでしょう。

6. ドミニカ共和国 – カリブ海に浮かぶ国、ドミニカ共和国で、世界一美しい女性が見つかる。そんな話があっても、わりとイメージ通りで、何も驚くはないかもしれません。ただ、ドミニカ共和国にいる、未婚の美女の数を考えると楽な戦いとは言えないでしょう。さらにこの国は、ここまでに紹介したいいくつかの国よりも経済が進んでおり、それだけハードルも高くなっています。

5. ブラジル – この国には、7800万人以上の女性が。その多くは、美しく、独身で、運命の相手が現れるのを今か今かと待ち望んでいます。そんな背景からか、ブラジルでは、SNSやデートサイトと同じくらいに、メールオーダーブライドのビジネスが広く普及しています。

4. アフガニスタン – 結婚についていえば、それぞれの文化ごとに大きな違いがあるもので、ここアフガンスタンでは、非常に盛大で大きな費用を伴うもの。

3. タイ – アジアの国がまたしても登場です。タイで美女探しに困ることはありません。この国には、明るい色の肌を持つ人の方が社会的に優れているとする奇妙なイメージを持っている人がたくさんいます。タイ人女性は多くの場合、日本人よりも褐色寄りの肌を持っています。

2.ブルガリア – メールオーダーブライドをビジネスとして推進する国もあれば、これに似た独自の伝統を持つ国も。ロマに属する、正教会の亜属を構成する18000の人々は、その文化と伝統を頑なに守り抜いてきました。

1. アフリカ – 続いてご紹介するのは大陸。アフリカ大陸には、花嫁の家族に対して支払いやものの贈与をすることで結婚を行う伝統を持つ国が多数存在します。ケニアの憲法は、花嫁の家族に対しての支払いを義務とすることを禁止しています。しかし、長きにわたり続いてきた伝統という理由から、未だに花嫁の家族には支払いが行われています。

スポンサーリンク

記事下 アドセンス2つ

記事下 アドセンス2つ

注目サイト最新記事

【悲報】阪神指名なら大阪桐蔭・根尾「医学部進学」へ他 ...

「お部屋、綺麗にしておきました!」ヤンデレなのかヤンデルだけなのか紙一重っぽい面倒臭いカノ ...

海をなめちゃいけない。波打ち際で波にさらわれて死にそうになっている人たちの映像集。 ...

【驚愕】赤ちゃんを「竜巻」と「雹の嵐」から守ったお母さんの体をご覧ください…(画像) ...

【韓国の反応】韓国で子供たちによる「旭日旗の板をテコンドーで割る」デモが行われる ...

海外「日本は女性が1人で夜道を歩けるぞ!」 日本の特別な治安の良さにドイツから羨望の声 ...

岩屋防衛相が韓国の旭日旗拒否に対し直接苦情を言いに行く!? どうなるの? ...

-雑学衝撃動画